インプラント

当院では、より安心・安全なインプラント治療のために
シムププラントガイドシステムを導入しています。
シムプラントガイドシステムとは

インプラントを埋入するためには、ドリルで顎の骨に穴を明ける必要があります。シムプラントガイドシステムとは、インプラントを正確な位置に埋入するためのガイドシステムです。

事前にコンピュータ上で手術をシミュレートし、そのデータに基づいて「サージガイド」と呼ばれる手術用の装置を作成します。サージガイドとは、手術に使用するドリルなどが接続できるマウスピースのような形の装置です。このサージガイドを口にはめてドリルを接続すると、事前にシュミレートした通りの位置、方向を正確にガイドする事ができます。これにより、より安心・安全なインプラント治療を実現する事が可能です。

歯科用CTのデータを元に行うシムプラントガイドシステム

当院では、歯科用CTを導入しております。歯科用CTは、3次元の立体画像を得る事ができるので、より多くの情報を得る事ができます。シムプラントガイドシステムとは、この歯科用CTで撮影したデータを取り込み、診断から顎の骨に穴を明けるドリリングやインプラント埋入まで正確にガイドする事ができます。

インプラントとは

最近では歯を失ったときの代表的な治療法としてあげられるほど注目を集めてきたインプラント治療は、今までの入れ歯・差し歯やブリッジなどと違い、歯を失ったところにインプラントと言うチタン製の人工歯根を直接顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を取り付け再び噛む機能を回復させる治療法です。

<人工歯冠>
実際に見える部分の、いわゆるかぶせものの部分です。天然歯のような自然なデザインで制作され、見た目が良く、また、機能面も考えられて作られています。
<アパットメント>
インプラントを埋め込む手術の後に設置される部分になります。人工歯冠を支える部分になります。
<インプラント>
顎の骨に直接埋め込まれる部分になります。生体組織に最も近く影響を及ぼさないチタンでできています。

インプラントの特徴

  1. 身体に害の無い素材
    インプラントは、生体組織に最も近く影響を及ぼさないチタンでできています。 ※身体状態などによって治療が不可能な場合もありますので、医師との十分な打ち合わせ・カウンセリングが必要となります。
  2. 隣の歯に負担がかからない
    ブリッジのように隣の健康な歯を削ることも無く、部分入れ歯のように他の歯に負担かかることもありません。 また、一本からでも治療が可能となっております。
  3. 違和感が少なく、自分の歯と同じように噛める
    インプラントは、土台部分が顎の骨に直接埋め込まれるため、しっかりと固定されるため、入れ歯やブリッジなどのようにぐらつきやズレがありません。付け心地も気にならず、天然歯と同じように噛むことが出来ます。
  4. 自然な見た目
    インプラント治療には、天然の歯のような自然な人工歯を使用するため、自然な見た目に仕上げることが可能です。

インプラントの流れ

  1. カウンセリング
    歯茎の状態や身体的な健康状態を診査し、インプラント治療が行えるようであれば、インプラント治療の詳しいご説明をいたします。
  2. 歯科用CTにる検査と治療計画
    歯科用CTを用いてインプラントを埋め込む位置や骨の状態を把握し、治療方針を決めて行きます。歯科用CTでは、三次元の高画質画像で診断ができるため、従来のレントゲン(平面写真)では把握しづらかったお口の中を、より精密に把握する事が可能です。
  3. インプラントの手術
    歯の根っことなる部分、インプラント体(フィクスチャー)を顎の骨に埋入していきます。 通常インプラントと骨が完全に結合するまでに約2ヶ月〜6ヶ月要します。
  4. 人工の歯を装着
    インプラントが骨と完全に結合した事を確認し、最終的な人工の歯(上部構造)を製作いたします。骨と結合したインプラント体に土台(アバット)を取り付け、製作された人工の歯(上部構造)を取り付けていきます。
  5. メンテナンス
    人工の歯を装着して治療が終わるわけではありません。インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアで口腔内を清潔に保ち、数か月に1度来院いただき、定期的な咬み合わせや清掃状態などのチェックをしていきます。

顎の骨の薄い方のための骨造成処置

インプラントは、埋め込む顎の骨が薄い場合、固定することが出来ないため、インプラント治療を行うことが難しくなります。しかし、当院では、顎の骨が薄い方であってもインプラント治療が可能になる、以下の3つの骨造成処置を行っております。
■ソケットリフト
ソケットリフトとは、上顎の骨の厚みが、5ミリ以上8ミリ以下程度ある場合、インプラントを埋入するために開けた穴から、人工骨を挿入して骨の厚さを増し、同時にインプラントを入れることができる方法です。
■サイナリフト
サイナリフトとは、上顎の骨の厚みが5ミリ以下の場合や、多数の歯が欠損している場合に行う骨造成処置で、歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから人工骨を挿入します。サイナリフトは、ソケットリフトのように、骨移植と同時にインプラントを埋入をすることは困難です。骨が薄すぎるために、インプラントの固定が難しく、骨がしっかり固まるまで待ってからインプラントの埋入になります。
■骨造成(GBR)
骨造成(GBR)とは、骨の再生を促す骨造成処置です。骨が不足している部分に人工骨を挿入し、メンブレンという特殊な人工膜で覆い、歯肉を元に戻して骨の再生を待ちます。

インプラントの料金

インプラント(一本) 380,000円(税別)
ソケットリフト 50,000円(税別)
サイナスリフト 250,000円(税別)
GBR(骨造成) 100,000円(税別)
サージカルガイド 70,000円(税別)